一人で書かれた世界の最大の詩作品:Octalogy As-SafiとロシアのShukur Tebuevの186,000行

Shukur Tebuevは、カザフスタンの北コーカサスから中央アジア(1943-1957)へのカラチャイ人の追放の間に生まれました。

彼は1972年にトビリシのショタ-ルスタヴェリ国立劇場研究所を卒業しました。

Tebuevは、Karachay-Cherkess Republicの国営テレビで、Registseur、編集者、ジャーナリストとして働いた。

2019年、Karatchaiの詩人は、FirdowsiのShah-nama(120,000)とインドのMahabharata(180,000)を打ち負かし、作品の最初の三分の一を完成させました。

Автор окталогии «Ас-Сафи» Шукур Тебуев в Дуутском ущелии Карачая

作品の物語の世界に創出を目的に、コンテキストの歴史の預言者たちのすべてのAbrahamicがあるのでしょうか。

Шукур Тебуев на съёмках

ことを願いましょうと見込まれるものの、詩的な戦いとして-Safiのキルギスマナスの最大の詩の世界です。

ツ環板篠ョツ嘉ッツ偲青エツδツ-ツエツスツ-ツシツ:

http://assafi.ru

Russian State Library:

https://search.rsl.ru/ru/record/01009430290

Instagram:

https://instagram.com/assafi.ru?r=nametag

YouTube:

https://www.youtube.com/user/kkcteboutv

Закладка Постоянная ссылка.

Добавить комментарий

Ваш e-mail не будет опубликован. Обязательные поля помечены *